【リゼロ考察】嫉妬の魔女サテラはエミリア?スバルの母も関係あり!?

リゼロに登場する嫉妬の魔女サテラ。

アニメ2期ではサテラの姿が現れエミリアと瓜二つであることからエミリアは嫉妬の魔女サテラ本人ではないかという考察が多く流れましたね。

今回はそんな嫉妬の魔女サテラの正体について考察したと思います!

 

 

この記事はこんな人におすすめ

サテラの正体が気になる方

サテラとエミリアとの関係が気になる方

サテラとスバルとの関係が気になる方

サテラはエミリアなのか気になる方

 

 

【リゼロ】嫉妬の魔女サテラの正体を考察

リゼロでは星座や神話をモデルにしたものが多いです。そこで管理人であるモモは嫉妬深い神様で調べてみました。

そんな中で嫉妬の女神と呼ばれる人物がいました。

それはゼウスの本妻であり結婚や出産の神様といわれる「ヘラ」です。

【リゼロ】嫉妬の魔女のモデルは?

ヘラはゼウスから求愛され「不倫をしない」という条件で結婚をしましたが、結婚してもゼウスの浮気癖は直りませんでした。

嫉妬深いヘラはゼウスと浮気をした「女性」と「子ども」罰を与えるため嫌がらせするようになります。

そのためゼウスと関係を持った母は早死にすることが多いようです。

父がゼウスである場合その子は英雄や神になれる逸材でもあるためテラの嫌がらせを自ら跳ね除けてしまう者も多かったようです。

 

嫉妬の魔女サテラもヘラのように「愛」に狂っていました。

そしてもしゼウスのモデルがスバルであるならばスバルはレムとエミリアのどちらも好きなので悪く言うと浮気男です。

さらにヘラはゼウスと結婚する前は意地悪で有名な人物ではありません。

そのため「嫉妬」という部分でヘラとサテラは同じなのではないでしょうか。

さらにアルデバランは嫉妬の魔女因子を持つと感じられる部分があります。

英雄ヘラクレスはヘラに恩恵を受けたとされ「ヘラ」の名前が一番最初に入っているとも言われています。(実際はゼウスの浮気の妾の子がヘラクレスなのでヘラはヘラクレスを憎んでいました。)

 

アルデバランが英雄のヘラクレスをモデルとしており魔女因子を持っているから同じ力を持つスバルをアルデバランは兄弟と呼ぶのではないでしょうか。

そのためサテラ、エミリア、スバル、アルデバラン、には大きな繋がりがあると思われます。

そんなことは誰でもわかる聞いているのではない!と思われる方に次はアニメや新作ウェブ小説までみた考察したいとおもいます!

 

 

 

【リゼロ】嫉妬の魔女サテラとエミリアとの関係は?

 

次に嫉妬の魔女サテラとエミリアの関係について考察してみましょう!

エミリアとサテラの共通点は2つ!

 

①銀髪、紫紺の瞳、ハーフエルで容姿が同じ

②エミリアとサテラの声が同じ

 

声についてはサテラの声優が明かされていない状態なのでサテラがエミリアだから明かされていないと考えることもできます。

つまりすんごーく怪しい(笑)

しかしアニメ視聴者を惑わすフェイクの可能性もあるのでもう少しだけ

考察してみましょう!

【リゼロ】サテラはエミリアの母?エミリアの両親は?

 

サテラ=エミリア説がある中でエミリアはサテラの娘であるという考察もあるのでまずそちらを検証してみましょう!

エミリアは父似のはず!?

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会

エミリアの両親についてわかっていることは

エミリアの母は(人間・魔女)で父は(エルフ)

であるということです。

さらにアニメでフォルトナはエミリアの父の妹にあたります。

つまり銀髪と紫紺の瞳はエルフである父に似たのです!

そのためサテラがエミリアの母であれば逆に目元以外はエミリアと違う容姿をしているはずです。

そのためエミリアはサテラの娘ではないことが分かります。

エミリアの父はパックであると言われていますが、ウェブ小説内でパックはペテルギウスに「人間臭い」と言われています。

人口精霊になる前にエルフだったという可能性も考えられますが「人間臭い」とウェブ小説内で書かれたのはあくまで個人の考察となりますが作者のパック=エミリアの実父を拒否するためのものだと感じるのでパックが実父である可能性は低いと思われます。

 

ではエミリアの両親は誰なの?という謎です、

 

エミリアの父はスバルの母方と関係あり

エミリアの母は魔女の中の誰か

 

なのではないかと睨んでいます。

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会

何故なら、フォルトナは自分の目つきが悪いと言っおりその際、兄さんも目つきが悪いと遺伝であることをにおわせていました。

スバルもそしてその母も目つきが悪いと言っていましたよね。実はスバルの母がリゼロの重大なキーマンになる可能性が十分にあります!

 

エミリアの母はミネルヴァ?

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会

魔女の中にエミリアの母がいると話しましたが一番可能性が高いのがミネルヴァです。

その理由は試練終了後、ウェブ小説内でエミリアと出会うのはセクメドでしたがアニメでは変更されミネルヴァに変更されていたからです。

さらにエミリアの母を「知っているけどエミリアに話すことができない」と言っていました。この言葉は母親が自分自身だから出た言葉なのではないでしょうか。

 

【リゼロ】サテラとスバルの関係を考察!

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会

 

さらにサテラがエミリアであると感じさせられたのが聖域にて現れたサテラの一言です。

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会

『あなたが、一人になった私を、ひとりじゃないと口づけてくれたからです。』

引用:リゼロアニメ2期より

完全にこの口づけはエミリアとスバルとのキスを指したものだと感じさせます。

スバルは転生前は自室で引きこもり生活をしており、エミリアは氷漬けとなり眠っていました。

そのため2人は他に口づけの経験などないですし…じゃあエミリアはサテラなの!?って感じもしますよね。

 

サテラとスバルの出会いは?

かなりリゼロを遡りますが、アニメ1期ではスバルに名前を求めらたエミリアが自分を「サテラ」だと名乗ってた時がありました。

この出会いは実はエミリアではなく本当にサテラと出会った瞬間でサテラと出会ったスバルとエミリアと出会ったバルが別次元で存在していた場合、

つまりスバルが持つ死に戻りの能力は過去を遡るものではなく世界線を飛ぶもの

王戦に出場するエミリアを助けるスバル

王戦に出場するサテラを助けるスバル

 

が存在して2人が全く同じ人生を歩んでいるならサテラにとってスバルはキスの相手で間違えないはずです。

結局はサテラはエミリアではないけどエミリアであるということなのではないでしょうか。

まとめ

今回はリゼロに登場する嫉妬の魔女サテラの正体について考察してみました!何かわかったことがあればまた記事を更新していきたいと思います!

サテラにとってスバルは過去の想い出のような存在なのでしょうが…本当にスバルは謎ですね。

いつかスバルについても考察してみたいです!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA