岸部露伴は動かないOVA「六壁坂」ネタバレ&感想!血が止まらない妖怪?

「岸部露伴は動かない」とはジョジョの奇妙な冒険~黄金の風~に登場する天才漫画家・岸部露伴を主人公とした作品となっています。
実写ドラマになったので多くの人が知っている作品なのではないでしょうか。
ドラマとなり話題を呼んだ作品がついにOVAとなったので今回はモモが岸部露伴は動かないOVA「六壁坂」を実際に観た感想やネタバレをご紹介したいと思います!(^^♪

©LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・岸辺露伴は動かない製作委員会

「岸辺露伴は動かない」OVA コレクターズエディション

 

 

岸部露伴は動かないOVA「六壁坂」ネタバレ|(1)一文無し

露伴は妖怪伝説の取材のために山を買い一文無しとなっていました。
そんな露伴に編集者は冷たいまなざしを送ります。
露伴は編集者のまなざしに耐えられなくなり妖怪伝説が実在したことを話し出します。
冒頭から露伴にサインを求めた玉美の姿に懐かしさを感じてしまった((笑))

 

 

岸部露伴は動かないOVA「六壁坂」ネタバレ|(2)血が止まらな

大郷楠宝子(おおさとなおこ)はお嬢様の女子大生で婚約者の男性がいながら浮気相手が存在していました。
宝子の婚約者が家に来ることになり宝子は浮気相手である釜房群平(かまふさぐんぺい)に札束を渡して別れを告げます。
しかし群平は宝子と別れようとはしませんでした。
家のベルがなり父と婚約者が訪ねてきたことを知った群平は婚約者に「宝子と抱き合っている姿をみせつけてやろう」と言います。
宝子は嫌がり群平を突き飛ばしました。
群平は吹き飛ばされると近くにあったゴルフクラブに頭を直撃させ死亡します。
群平の頭から流れる血に驚いた宝子は群平の頭から流れる血を止めようとしますがどんな手を使っても止まりません。
宝子は罪の意識に苦しみながらも群平をずっと隠すことを心に決めます。
裁縫道具で頭を縫っても血が止まらないとか恐怖ですね。

岸部露伴は動かないOVA「六壁坂」ネタバレ|(3)日課

年月は流れ宝子は婚約者に嫁いでいきます。しかしまだ群平の血は止まることがありません。
そのため嫁ぎ先に群平を連れていきます。
かんおけに入れ屋根裏にしまわれた群平…一定の時間を過ぎると群平の頭から血が流れるので宝子は群平の血を毎日捨てるのが日課となりました。

岸部露伴は動かないOVA「六壁坂」ネタバレ|(4)六壁坂

露伴は道中で宝子と出会ったことでその奇妙な体験をヘブンズ・ドアーで知ります。
露伴は好奇心から宝子が住む屋敷の近くまで行きます。そして一人の少女と出会いました。
少女は露伴を不審者だと思い走って逃げてしまいますが、その先に石ころがあり少女はその石ころにつまずき転んで頭を打って死んでしまいます。
露伴は少女が群平の子どもなのではないかと考え少女にヘブンズ・ドアーの能力を使い「岸部露伴とは出会っていない」と書き込み死んだ事実をなかったことにします。
そして露伴は群平の正体が人間に世話させることで子孫を残す妖怪「六壁坂」だと言い山から去っていきました。

 

まとめ

今回は岸部露伴は動かないOVA「六壁坂」についてご紹介しました!この作品って露伴と関わる人間が一体何者なのかわからず終了することが多いのですが今回はしっかりと「妖怪」として終了しているので少しスッキリするラストとなっていると感じました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA